東京都内で安く家を建てたい。

家を買うなら注文住宅を買う方が理想だ。

家づくりとか家を建てるという時新築を理想で考えたい。

自分たちの夢のマイホームを手にいれたいと思う人はいつの時代にもいる。

そして、一番心配になるのがお金とも言える。

支払い方法として頭金を必要なハウスメーカーや工務店、地元の不動産会社などに依頼をするべきか?

自分たちの予算で購入ができる場所で既に建築施工が完了した建売の物件情報を探す方が早いか?

探し方に迷いを持つ人もいる。

当サイトは、東京、千葉、埼玉、神奈川という一都三県で家づくりや家を建てることを検討する方の中でローコスト住宅や安く家を買うための情報の探し方をご紹介しています。

新築を安い価格で購入する。

予算の範囲内でシンプルに選びながら一戸建てをスムーズに住まいとできる環境を手にいれる。

このために何を知っておくべきか?

私自身も東京とは違うエリアで自分の家をつくることを完成させた状況でこのサイトの記事をご紹介しています。

決して、住宅について家をつくることを知らない状況でのご案内はしていません。

元住宅関連企業出身者であり、100棟以上の工務店や建築会社の物件をいろいろ顧客とは違う立場で見てきました。

だからこそ、費用のからくりなどを含めて知っていることを私なりの簡単な言葉でご紹介していきたいと思います。

東京都内で家を安く建てる絶対条件

家安く建てる東京千葉埼玉神奈川

2018年にこのサイトを始動。

その理由は、やはり家を探している人が自分の周りにも徐々に増えていると実感したから。

大きなカテゴリーで分ければ、家を建てるというのは、3つに分かれる。

建売住宅

土地がある人の建物だけを設計して家を建てる。

土地を購入してさらに家を建てるという状態。

3つの状態はそれぞれに意味も価値も大きく異なる。

東京都内で家を安く建てる方法とトラブル要因

そもそも家を建てる時って何がそんなに費用が変わる要因?

この中身をまずはご紹介していきたいと思います。

家を建てる時、ゼロから自分たちが作るという時には、単純に工務店でもハウスメーカーでも頭金とか着手金なんて表現の言葉があります。

あくまで契約をする時の独占契約という範囲内での気が変わってしまうなんてことがない関係をつくるための費用と思ってください。

こうした費用を使うことがそもそも建物全体に払う金額に充当されるので、すべてをスムーズに進行させた場合は、メリットもデメリットも無駄も無い。

しかし、以下のような3つのケースの場合があると、購入した後でも話が違うということも不通に起こってしまう。

  • 営業の契約前の説明と購入手続き後の話しが大きく異なる場合。
  • 工事着工などの予定や進行中の大きなトラブル発生。
  • 土地を含めた購入がスムーズに行うことが出来ないまま先が見えない状況になった時。

上記のような条件になった時でも元から知ってた知らなかったなんてことを言っても意見の違いがあってトラブルになれば、面倒ごとにしかならない。

家でもめると本当に面倒です。

安く。

この条件においては、まずは家をほとんど知らない人からすると、実際に相談できる人もほとんどいないため、言われるがままの状況になっていることも多い。

つまりは、トイレ、お風呂、玄関、リビング、寝室、子供部屋、収納など一通りの設備が最初から条件や性能を抜きにすべて実際そろった環境を手にする方が安く済むことも多い。

東京都内で家を安く建てるなら見つけ方が大切

東京都内には、実際多くの人が知らないケースとして、1000万円代で購入することのできる物件もあるという現実。

家安い地域東京1000万円台もある!新築一戸建て購入術

サイトなどを実際に見て調べている。

こんな事をよく家で繰り返し物件選びのつもりで比較している人も多いはず。

場所はどこがいい?

広さの希望は?

人気のエリアやおすすめと書かれている。

こうした選び方では時間をかけても結果的に新しく出てきた物件を見比べている形になれば、いつまでも決まらないことも多い。

家を知るためには、全部を含めて提案をしてくれる場所を知る。

この考え方がとても大切になる。

 

東京都内家を安く建てる時に多い誤解

家安く建てるに多い誤解

設計とか間取りなんてことには大きな時間と労力を伴う。

所詮、自分たちが思い浮かべられる内容となればだいたい同じようなことが多い。

実際に以下のような点については、多くの人が知らないまま自分の目でモデルハウスなどを見ていることも少なくない。

  • 外壁などどこが将来のメンテナンス費用に影響をしやすいパーツなのか?
  • 一般の家づくりで予算や相場はどのくらいなのか?
  • 地域により異なる土地の価格や下落の可能性などはどこで確認する?
  • オシャレなキッチンを採用している会社では業界内でどこが人気?

こんなどこか感覚を中心にした体験をモデルハウスを巡りながら模索しているような状態になっている。

これでは、結局はどこの地域で家を買っても本当に安く勝ったのかは疑問が残る。

初期の設計に対して、どこの会社でも注文住宅になると、自分たちの希望などにより追加があったら、どんどん坪単価の目安も変わっていく。

屋上があったらいい。

テラスやウッドデッキが欲しい。

最新のシステムキッチンが欲しい。

床や壁紙はオシャレな色にしたい。

こんなことををしていたら、結果的にあっという間に坪に対する価格も数十万円変わる世界。

さらに、太陽光発電を追加することを頭に入れる人は総額の形でいったい何の工事がコストダウンの対象なのかすらわからなくなっていく。

結局は、自分たちの頭の中でイメージできる内容は所詮カタログにある内容が材料。

こんな状態では、決してコストが安く済んだ家づくりとは言えない。

 

東京都内家を安く建てるポイント

家安く建てる東京のポイント

では結果的に家づくりをしていくことは諦めた方が良いのか?

家づくりという中でも設備などを自分たちで探し、選び、そして自分たちの理想の家づくりをしようとしているなら、やはり同じ坪のサイズで考えたら、予算は高くなりやすい。

これは現実的な見方。

いくら情報を探して、規格型というシンプルな設計の状態でも、細かな工事費は下のような内容を考えていくと、必要な経費は必ず発生する。

  • 建築申請などの手続き費用。
  • 水道電気などの基本的な配管や配線をひく工事費用。
  • 土地の家屋調査費用

このような対象には、いくら安いプランを持つ会社でもいざ建てるとなった時には、有料という対象で対応することもある。

大手のハウスメーカーでもこの点にわざわざ費用を取る会社があるのも現実です。

こんなことをしているよりも、同じ敷地面積にもうすでに同じサイズの家が建っている状況の一戸建てを購入する方が安くなるのが現実。

最も違いがある一戸建て購入費用

土地から購入する人と建売を検討する人の選び方で生まれる決定的な差。

それは、自分たちが会社に支払いを必要とする回数やその都度必要なお金が違うこと。

さらに、住宅ローン審査以外のいろいろな場所に支払う金額が発生しないこと。

もっと言えば、建築を先に済ませている状態だからこそ、土地から購入する時と費用は違う形で手に入る。

シンプルに完成品を購入する。

この考え方が最も安くお金がかからない状態で家を買うことが出来る方法と言えます。

安く建てる時に欠かせない工事

東京の中でも車を1台以上所有する人には大きな影響を持つ対象もある。

それが、外構工事による駐車場工事費用。

カーポートで屋根を作ることやサイクルポートを作る工事費用。

このような対象も1つ1つが自分たちで設計すると別途の支払い分の金額をつくる必要がある。

でも、一戸建てを建売住宅で購入すると実際には、こういう外構費用もかからない。

これは、失敗することなどを含めて、非常に大きな価値と言える。

 

家を安く建てるのを建売で選ぶデメリット

家安く建てる注意点

もしあなたがこの記事を読みながら、それは確かにそうだ。

安く買えそうな気がしてきた。

こんな気持ちになっているなら、1つだけデメリットとなる話も説明しておきたい。

家を安く建てる建売リスク

いざ自分たちでめぼしい家を見つけて、その場所を購入するとなれば、当然人気のエリアであれば条件次第によって、相談も殺到する。

  • 人気の学区エリア。
  • 人気の通勤に便利な駅周辺。
  • 都市開発が進む地価が上がり始めている物件。

このようなエリアは、他県の人も含めて大勢がおしかけてくる可能性がある。

得を感じた人がどんどん契約をしていくのが建売住宅。

当然、悩んで検討できる時間が圧倒的に少ない。

これが、1つでも自分たちのめぼしい物件を見つけた時にどこか気持ちの余裕を減らす要素だと私は思う。

最後に

こうした情報をどうやって入手するかが非常に重要。

物件というのは、やはりサイトに出てくる情報がすべてとは言えない。

むしろ、公開前の情報というのは、各社が持っている。

このような情報を東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県を通じて、紹介窓口を持って対応している会社がある。

こうした会社を使うことで自分たちで家で物件を探すよりももっと需要と供給のバランスやそのエリアのハザードマップなどの情報を含めて深く知識をもらうことが可能になります。

実際に無料相談が可能なので、まずは相談窓口で、じっくり自分たちの希望と今の市場を教えてもらうことから始めることが大切。

その相談窓口はどこ?

この答えは↓

安い家新築無料相談東京都内オススメ会社|住宅企業出身者が解説

あなたの家づくりがより安い物件にたどりついて得を感じられることを願っています。