ローコスト住宅の中でも一番安い会社はどこだ?

自分の建てたいエリアを担当してくれるのだろうか?

でも一番安い会社に頼んで失敗とか後悔するのは怖い。

安い家を建てる。

男性の会社員、自営業の家づくり。

女性が住宅ローンを組んで建てる家。

独身男性、女性が建てる家。

夢のマイホーム購入を実現するには、やはりお金が必要。

住宅ローン審査に通過した後にも固定資産税の支払いも住民税や市県民税など給料から差し引かれる対象の金額もある。

将来のボーナス支給がどうなるのかも不明。

昇給などが期待できない。

このような時代だからこそ、自分の身の丈にあった家づくりを求める人が増えている。

ローコスト住宅についてはこれまでにも以下のような内容をご紹介してきました。

ローコスト住宅維持費は高いの安いの?

ローコスト住宅内装のランクは低い?会社選びの注意点を業界経験者が解説

ローコスト住宅仕様ランクの低さに驚き|2018相談体験記

ローコスト住宅は暑い?比較ポイントや注意点

ローコスト住宅は寒い?基準を確認する方法

安い家のデメリットはあるのか?探し方注意点を現場経験者が解説

決してあなたの家が安かろう悪かろうに当たらないために私が伝えられる内容をご紹介していきたいと思います。

当サイトは、ローコスト住宅購入後の失敗後悔をしないための注意点を元住宅関連企業出身者が自分の経験や注文住宅購入体験からご紹介しています。

新築マンション購入。

新築ハウスメーカー注文住宅購入。

住宅ローン借り換えも実践して成功。

この先もう一度建て替えも予定しています。

どこまでも快適な家を追い求めて、そして自分たちや子供の成長に合わせた家づくりを楽しんでいます。

今回はローコスト住宅で一番安い会社を探すポイントや比較する注意点を以下の項目でご紹介しています。

ローコスト住宅一番安い会社の基準

ローコスト住宅一番安い会社探し方

ローコスト住宅一番安い会社比較術

まずは市場全体を見てから、その会社の特徴や何を見て契約をするのかをご紹介していきたいと思います。

ローコスト住宅一番安い会社の基準

ローコスト住宅一番安い会社の探し方

一番安い会社を探す。

この時は、何を根拠に安いを見極める必要があるのか?

まずは注意点をご紹介していきます。

ローコスト住宅一番安い会社の条件

住宅購入をする際には、必ず意識して比較するべきポイントがあります。

いろいろな事がありますが、初心者でも簡単に比較できる項目をご紹介していきます。

  • 設備や外壁などの標準規格を比較。
  • 坪単価という表現ではなく、オプション該当項目を比較。
  • C値、Q値による性能比較。
  • 規格型住宅の間取り設計比較
  • スキップフロアや蔵、ビルトインガレージなどの間取りの標準。
  • 無垢などの材質ではなく、標準の床の状況を確認。

このようにあくまで一番安い会社は、標準設備や規格がそのままで良いと言えるかどうかが大切。

 ローコスト住宅一番安い会社と工期

安い会社は人気?

人気だから工期が遅れる?

それはちょっと違います。

工期が遅れるというのは、人手不足が原因。

逆に人手不足な状況の会社で家を建てたらどうなるのか?

新築注文住宅は建てる時の利益を優先している会社も多い。

保証が10年、15年、20年、25年と記載がされていても住んでから困った時にすぐ対応してくれないと困る。

実際にこんな事例はかなり多い。

引渡し後の生活で問い合わせをしても1ヶ月以上訪問してくれない。

 工期と人手不足という意味を十分知った上で購入後も安心ができる会社を見つける必要があります。

 

ローコスト住宅一番安い会社探し方

一番安いローコスト住宅会社の探し方

とにかく安いこと。

そして、安定していること。

住んでから困らない家。

このような点を考えた時、会社の探し方では何が大切なのか?

よくある誤解をご紹介していきます。

ローコスト住宅安い会社は知られていない

安さを売りにしている。

この表現を実際に安い会社ほどしていません。

なぜか?

自分たちの受注できる範囲でしか棟数も新規契約も取れないことが多いからです。

受注を増やしすぎないことが地鎮祭から引渡しまでの集中作業ができる環境作りにつながる。

設備にかかる費用のコスト削減ができない代わりに一定の利益率を確保する年間計画で事業を営む。

繁栄ではなく、安定を考えた事業計画を進めている。

営業も少なく、人員は最低限のチームのような構成で行う。

このような状況になると、本当に安い家づくりをしている会社に巡り合える。

でもなかなかこういう会社は宣伝も多くはない

だからこそ、安いという謳い文句をしている会社ほ度安くないし、安さを謳わない会社ほど安いということが多い。

新築注文住宅市場ではよくある現実です。

 

ローコスト住宅一番安い会社比較術

ローコスト住宅安い会社を探す

坪単価が安い会社。

オプションが少ない会社。

標準設備の性能や内容が充実した会社。

いろいろな比較の方法がある。

私が住宅現場にいたからこそ伝えたい比較術をご紹介していきます。

ローコスト住宅一番安い会社比較は資料請求

私は現在で20年余りの時間を費やしずっと工務店やハウスメーカーの資料請求を続けてきました。

自分の身内は内装業や電気工事、一級建築士や設計担当など住宅市場に現役で活躍する人ばかり。

家を語る。

こんな会話が日常的であったからこそ、色々な学びも刺激も受けられると思い比較をしてきた。

この中でやはり資料請求がいかに大切なのかをご紹介していきます。

ローコスト住宅資料請求で差が顕著

家を建てる事は多くの人は知らないことばかり。

間取り

玄関や室内ドアの種類や取っ手の選び方。

システムキッチン、トイレ、お風呂、洗面台などの設備基準

床や窓の種類

外壁や屋根の種類。

太陽光パネルやソーラー発電

床暖房

とにかくいろいろな比較対象が出てくる。

でも資料請求の中にどこまでこれらの内容に追及して自分たちの強みをアピールしているのか?

この内容がやはり営業のサポートや説明などにも大きく関わっていると私は伝えたい。

ローコスト住宅資料請求体験

私も累計で言えば、40社以上の資料請求をしてきたと思う。

ハウスメーカーはほぼすべての会社で名前を書いてきた。

工務店も地元以外からも考え方を知るために資料請求をした。

このような流れの中で、こんな特徴を感じた。

カタログ内容が数冊に分けられている会社ほど丁寧だった。

 知りたい情報ごとに写真付きでリアルな内容を紹介している。

この点にしっかり力を入れている会社ほど実際に営業が来た時の説明も納得できた。

一方で分厚い一冊にまとめたような会社ほど、的を得ない説明が多かったこともある。

資料請求というのは、ただ単に会社の価格などを知るためのものではありません。

あくまで設備や自分たちの強み、セールスポイントを凝縮した1つの本。

こんな感覚で見ていくと、その中身に実現が可能だと思う感覚がない会社とはなかなか将来の行く末が見えない。

家づくりは比較して行く中で自然と決まっていく。

こうした感覚的な要素を大切にしながらいろいろな会社の資料請求をしてみてください。