ローコスト住宅が欲しい。

東京都内のエリアで家を建てる計画を立てたい。

自分たちが求めるアイデアを活かせる家づくりの予算はいくらくらいになるのか?

注文住宅における価格には、よくハウスメーカー、工務店、建築事務所などを問わず、多くの購入予定者が坪単価という言葉を相場情報の中で気にしている。

しかし、この言葉、実は正直誤算の原因にもなっていることをご存知でしょうか?

私のサイトは、ローコスト住宅を東京近郊で建てる計画をしている方に、会社選びや間取りのプランをどうすれば効率よく決められるのか?

標準の仕様と自分たちの手にしたい理想のギャップもいろいろ出てくる可能性がある。

だからこそ、最初の予算を考えていく時には設計前に必要な最低経費をできるだけ抑えるという考え方が強まっている傾向もある。

依頼する会社がまだ決まっていない。

そして、新築注文住宅の市場をあまりよくわかっていない。

このような状況の中で、ローコスト住宅の平均価格を知る上で、よくある誤解と正しく知るための方法をご紹介していきます。





ローコスト住宅平均価格東京市場に多い誤解

 

まずは、自分たちで必要な情報をチェックしながら、暮らしに合わせたプランを必死に探しているという人たちにこそ、伝えたい内容。

ローコスト住宅平均価格はあるのか?

そもそもローコスト住宅という対象そのものに幅があります。

ローコスト住宅とは?もご紹介しています。

実際にメーカーだから高いとか工務店だから安いという概念も間違っています。

そういう記事をなぜかネット上では知らない人たちがブログなどで紹介している時代だからこそ注意が必要。

そもそも1000万円でつくる家づくりという言葉もすべて込みということはありません。

諸経費

電気の配線工事

水道配管工事

こうした対象は、含まれていない可能性も高い。

もちろん、カーテンやオプション選びなどの検討をしている場合はさらに上乗せする価格がある。

よって、店の規模とか大きな会社ならすべてがまとめられているはず!

自分たちのこだわりがすべてその価格で実現可能なはず。

このような購入前の期待感は間違いが多くなる。

まずは、実現できる最低基準がそもそも違う。

この意識を持って会社を比較することがとても重要になるのです。

ローコスト住宅平均価格に含まれない典型例

カタログなどでは、家づくりに興味を持つ人たちが欲しくなるような情報がまとめられている。

  • こだわりが実現できる可能性。
  • 費用を抑えることができると表面的には見える情報。
  • 快適な建物の中の空調や夏涼しいし冬温かいという家の構造の話し。

このような内容が会社探しをしている人たちに安心の材料として届けられる。

しかし、実際に家を建てる時には?

  • 地盤調査をした結果は、一般の規格よりもしっかりした対応の基礎が必要と判明した。
  • 窓などを選ぶ際に、2階の寝室の窓ガラスはすべてシングルタイプが標準であることを知った。
  • 外観でタイルを選ぶのはあくまで一部しか対応が出来ていないのが標準のプランだった。

このように、徐々に対応をを見ていくだけで、違いが出てくる。

当然、規格系住宅であったとしても上記以外の内容には以下のような懸念要素もある。

  • 決してデザイン性では満足ができる商品が豊富なわけではなかった。(システムキッチンやトイレなどの水回り商品)
  • 収納が総面積に対して足りないのが規格系だった。
  • モデルハウスと同じ特徴を希望したら、オプションをかなり入れていることが分かった。

このように、いくら自分たちが実例を見ていたとしても、過信として期待をしていたプランとは異なる状況が出てくる部分がある。

高断熱、高気密という対象も防腐剤や実際には壁の中に入ってしまって見えない部分の品質が違うケースも出てくる。

 

ローコスト住宅平均価格に踊らされる事例

床の素材選びが無垢だから安い?

モデルハウスの中が涼しいと思ったのに、実際に住んだら暑いし寒い現実。

住み始めた後と、自分たちが訪問していた時は大きく違っていた。

このような流れになるきっかけも平均価格という言葉に期待が集まることが理由と言えるのです。

ローコスト住宅平均価格を40万円という説明

確かに表面的な数字としては、この数字は正しい範囲です。

しかし、耐震等級が3等級であるからお得なのか?

総額を坪数で割り算した価格が40万円だからお得なのか?

このようなことに時間を費やす人は失敗する可能性も高い。

なぜか?

単純に総額という中には、色々なものを含ませていない会社が非常に多い。

  • トップグレードを基準とした気密性で坪単価はいくら~としている広告表示。
  • 外壁材も主にはサイディング以下の素材を使い、低価格をうたう会社。
  • 本体価格という情報を公開していながら含まれている延床面積や空間総面積は限定されているケース。

このように、あくまで性能でもそのまま広告の表示通りの価格で住まいとしてすぐに住める形になっていないことが多い。

あくまで提案してからの流れは異なる。

このような流れが木造の家づくりでコストダウンを図った先には非常に多い。

 

ローコスト住宅平均価格を関東で正しく調べる方法

家づくりには、いろいろなポイントがある。

軸組み、ボックス、在来などと呼ばれる工法の違い。

住んでからでは見つかりにくい家の中で感じる体感温度に関係する断熱材の規格基準。

長期優良住宅という文字に含まれているならと安心して選んだ先に見た仕上げの粗さ。

ぞれぞれの会社が長く経営している中で、同じ営業が長く務めているケースが少ないのが住宅市場。

私は20年以上にわたり、住宅市場をずっと自分が住環境というのが好きで調べてきました。

もちろん、そういう会社の中で務める者として働きながらも学んできました。

素敵なこともたくさんあります。

サポートの管理体制ですごいと思う会社もあります。

しかし、一方では、営業が変わりすぎて、メンテナンスで人が足りないという事態になっている仕事をしている会社もありました。

効率的に営業が大量に受注して、待たせることを前提とした運営をしている会社も悲しいかなあったのが現実。

しかし、こうした対象すべてに1棟建てる時、35年のローンを多くの人は利用する。

ネットでいくら調べてもこうしたない場は当たり前ですが、ほとんど出てこない。

あったとしてもその話は数年前の内容で今はもう要望も利用する顧客も変わっているかの王政がある。

こうした流れの中で、できるだけ東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県にお住いの方に満足してもらえる家づくりの相談をする方法を私はご紹介したかった。

2018年いこうにも新しいこれからの家づくりに向けて夫婦で実績のある会社を探したいと必死にネットを検索するよりももっと簡単に直接省エネ基準などの細かい話を含めて確認をしておくべき時代。

そして、その対象は、直接工務店やハウスメーカーの営業に聞くことではなくなった。

ライフスタイルの違い。

夫婦で暮らす単世帯の家づくり。

加えて、子育て支援の充実などの土地選び。

こうした環境の違いを含めてしっかり関東全域にサービスを持つ会社に相談をすることが大切。

その会社については、安い家新築無料相談東京都内オススメ会社|住宅企業出身者が解説にてご紹介しています。

資料請求をするよりもまずは、自分の目で提供されるサービスの中で、人からしっかり基準を聞いてみてください。