家が欲しい。

家を買うなら、建てる事を検討したい。

安く家を建てる方法としてローコスト住宅という言葉がある。

安くってどのくらいの価格で建てる事が出来るのか?

家を建てる形で夢のマイホームを手に入れる事を購入したい人もいる。

土地が余っているエリア。

土地の坪単価が1万円程度のエリア。

特に近隣の人に建てる時にいろいろ気を遣わなくても良さそう。

こんな田舎の地方でなら、大きな平屋の家を建てる事も全体の工事の費用を考えた時、土地の価格が安い分建物本体に資金を検討できる。

でも、一方で坪単価が高い土地に暮らしの基盤を求める人が新築で建て替えや土地から購入検討。

こんな時、建物本体の建築物にそこまでお金を用意できない。

自分たちの暮らしをまずは最優先として家を建てるならどうしても建築費を節約する必要がある。

こんな時にちょうど良い価格を発見!

この価格なら、施工を依頼できる可能性がある。

こんなイメージを与えてくれる会社が最近は増えている。

ハウスメーカーではとてもじゃないが高すぎる。

こんな悩みを持つ人にも依頼する方法がまだある。

簡単にローコスト住宅を探すなら、

ローコスト住宅会社資料請求サイト





ローコスト住宅で家買う人は多い?

ローコスト住宅で家を建てる




ローコスト。

この言葉は、単純に安いというイメージが伝わる響き。

今はファッションならファストファッションなどデザインやブランドなどのイメージだけが理想ではない。

もっと暮らしの中でその人が求める生活の中で費用を抑える方法的に合わせた情報が多い。

家を買う事も同じ。

ローコスト住宅市場は成長している

家を建てる時に費用を抑える事を考える人は少なくない。

地元の工務店を頼る。

でも、土地から買うのは大きな手間。

徐々に土地を買う事と住宅を購入することを分ける事も家づくりでは大変と感じる人も増えてきた。

その影響で、家を建てるというよりも、建売や分譲といった与えられた条件を購入している人も増えている。

このような形から、人件費を含めてより、建物の金額も抑えて建てる事を提案している会社や住宅メーカーが最近は増えている。

ローコスト住宅市場がおすすめの人の特徴

ローコスト住宅と言っても、最近は、構造的にも昔に比べたら思ったほど悪くない。

こんな会社や業者も決して珍しくない。

長期優良住宅

ZEH

省エネ住宅

こうした言葉から、家の中での光熱費や冷暖房費を抑える事を希望している人は多い。

そうした中で、以下のような考え方を持つ方には、ローコスト住宅を検討する価値があると私は思います。

  • 注文住宅にこだわりはない。
  • 自分たちで間取りの設計を考えるほどの知識がない。
  • 設備も実際今の賃貸よりも便利で実際使えるなら、それ以上の希望が多くない。
  • 自由設計と言われて自分たちで風呂、トイレ、玄関、キッチン等間取りの配置にこだわりを持ったせいで高いプランになるのは困る。

どこが妥協点なのか?

自分の家を持つ事をよりシンプルに考えた。

こうした考え家とぉもつ方なら、今ある予算の範囲で、家を建てるという形で買うことが出来る。

日本全国どこのエリアでもある地域ごとの補助金なども使いながら徐々に人口減少になっていく時代に、さまざまな対応もしてくれている。

このような状況から、徐々にあれこれ条件やこだわりを捨て、見学して対応が良かったら、将来自分たちが住む場所として納得したらその家を買う。

こんな形も増えていくのではないでしょうか?

ローコスト住宅坪単価目安

ローコスト住宅の定義として、基本の販売価格として、坪単価が20~40万円程度。

具体的に家を考えていくと、坪数と価格目安は以下のような例の感じになっていく。

坪単価 平米 坪数 建物価格目安
20万円 99.17 30坪 700万円~
25万円 105.785 32坪 800万円~
30万円 112.397 34坪 1100万円~
35万円 119.008 36坪 1260万円~

こんな感じである程度坪数だけみると広い感じがしなくてもマンションで考えてしまえば、ほぼ100平米と言えば、広い家という環境として案内されている住宅が購入出来る。

このように、坪単価を20万から40万程度にしていくと、多少自分たちが欲しい家を少しでも広く作る事が出来る可能性が出てくる。

ローコスト住宅の魅力

ローコスト住宅は、資金が単純に安いだけが取り柄なのか?

面積が広い事は納得できても本当に完成した後の失敗や後悔も少ない家を建てる事が出来るのか?

現場の大工さんたちは、どんな人?

材料や設備は一般のローコスト以外の住宅と同じものを使ってくれているのか?

心配も多いと思う。

もちろん屋根、外壁、基礎などの内容をそれぞれで比較していくと、材料などはどうしても妥協を必要とする部分がある。

最近は、大手と工務店を比較する上で多くの型が求めるのは、住宅性能になった。

自分の地元のローコスト住宅はどこにあるのか?

こんな関心をお持ちの方ならまずは、情報収集から時間をじっくり使っていきましょう。