土地はもう親から相続して受け継いでいる。

その土地を使って今後は家を建てる計画を立てようとしている。

まずは平屋から自分たちの建てたい坪数で注文住宅を無料で設計してくれる会社を探したい。

こうした家族での話し合いから土地活用をする考え方として、新築注文住宅施工会社を探す人もいる。

まずは、木の家を知っておくことが大切です。

そして、ローコスト住宅を坪単価から案内している条件で探す。

さらに、自分の住まいとなるエリアを担当する会社をピックアップする。

この行動をすべて同時に行えるサイトがあります。

ローコスト住宅会社資料請求サイト

あくまでローコストという状況で今の夫婦の家計や仕事、年収や会社の規模と将来性などを含めた検討をしていくことが大切。

その先には、いきなり大きなハウスメーカーに依頼の相談を持ち掛けるよりももっとシンプルに家族の構成と土地や環境を知っている地元の工務店に家づくり相談。

その考え方をご紹介していきたいと思います。

当サイトは、ローコスト住宅購入後の失敗後悔からリフォームやリノベーションなんてことにならない為の情報配信を目的に運営しています。

私は注文住宅関連企業に勤務しいていた経験もあります。

自らで新築一戸建てを購入した経験もあります。

さらに、マンションを購入もしています。

このような中で、決してコストが高いからとか安いから住まいの環境や仕様、構造等すべて良いモノが実現するとは限らないと思う面もあります。

少しでもこのサイトからの情報がこれから自分たちの家づくりを目指すご家族にカタログ1冊でもまずは何を考えて行動をしていくべきか?

こうした視点でお届けしていきたいと思います。





ローコスト住宅平屋とモデルハウス探し

ローコスト住宅平屋購入準備




住宅と言えば、内装や仕様の確認をしたいと思って、モデルハウスを見に行く人も多いはず。

しかし、実際に平屋のモデルハウスを探したいと思うとこの先にはなかなか見つからないのが現実。

  • 見積もり依頼はできるかもしれないが実際の家は見れないのか?
  • 相談をいくら重ねても1000万円から1500万円の中でどんな感じになるのだろう?
  • 生活をする時のイメージがつかめない。

このような悩みをどうしても抱えてしまうリスクがあるのが現実。

工法や断熱の処理や基礎、設備の充実性というのは、2階建てのモデルハウスの中でも紹介してるかもしれないし、カタログなどで起債も去れているかもしれない。

しかし、価格と実態という意味ではなかなか難しいのも現実です。

 

ローコスト住宅平屋と木と鉄

 

ローコスト住宅ではなかなか鉄骨住宅というのは難しいのが現実。

店舗兼住宅のような考え方を持つ場合でもなかなかグレードとして平屋はローコストで暮らせる家と会社を併設するまでの内容は実現が難しいと思った方が無難です。

 

ローコスト住宅平屋間取り設計相談のコツ

まずは部屋の数を以下のような考え方から想定していきましょう。

  • 主寝室と子供部屋が子どもの数分
  • LDK(リビングダイニングキッチン)
  • トイレ、お風呂、脱衣所、収納専用の空間

このほかにも自分たちのこだわりのある空間が欲しいかどうか?

まずはより多くの情報を提供するよりも、家族向けにどんな間取りプランをフリーで作りこんでくれるのかを見るのが重要。

コストをそこまでかけなくてもこんな事が出来ますよ!

こうした発想を持つ会社をピックアップしながら、間取りを募集してみてください。

平屋住宅というのは、ぜいたくの極みとも呼ばれています。

マンションとも違う景色のある空間。

家の外を見渡した時に、隣接する家をあまり気にしないで建てる土地があるというメリット。

収納や設備などをよりコンパクトにワンフロアでまとめられる設計。

これらは、いずれ歳をとっていく時に、おのずと建てる家の規模よりも生活しやすい環境としての価値の高さを感じさせてくれる。

しかし、この答えになるのはやはり会社の考え方が大きくかかわります。

オプションを積極的に勧めてくる会社もあります。

標準のプランでできる事が多いと提唱してくれる会社もあります。

家族の希望より家の性質をしっかりと説明しようとしてくれる会社もあります。

やはり新築は土地の形状やその場所の気候や風、雨などの天候などにもよって建て方も考え方が施工担当の会社により異なるケースもあります。

しっかり細かな設備だけでなく、家の細部となる基礎や骨組み、そして間取りの空間作りを意識しながら1つでも多くの会社の木の家をまずは確認してみて下さい。

ローコスト住宅会社資料請求サイト

きっと何か自分たちの中でこんな建て方を採用したいと思ったら、その先に進んでみると良いと思います。