安く家を建てたい!

高級な内装ではなくても良い。

暑さ寒さなどを考えた高気密や高断熱という文字には家を建てる時には気にしたい。

少ないコストで新築を建てることが可能であれば、夢のマイホームを実現させたい。

このように考えている人も多い。

近年は、気密性とか断熱材、断熱性能なんて言葉も徐々に窓の進化も含めて注文住宅の市場の中にも広がりを見せている。

工務店、ハウスメーカーという違いだけでなく、住宅メーカーの名前として新しい会社も地域密着の情報を検索していくと出てくるようになってきた。

こうした会社を坪単価という費用の考え方や乾季の仕組みとして24時間自動換気システムなど家を建てる人の気持ちを揺さぶる用語が非常に多く出てくるようになった。

今回の記事では、ローコスト住宅で高気密高断熱を実現するために必要な視点や費用を考えた時のポイントをご紹介していきます。

当サイトは、ローコスト住宅について、元現場担当勤務経験者であり、自分自身も一戸建て注文住宅を一条工務店で購入経験者であるからこそ伝えたい家を安く建てる為の注意点や成功するためのポイントをご紹介するために運営しています。

ローコスト住宅っでも快適に生活ができる可能性もある。

しかし、一方で、暑い、寒いという施工中では知ることが出来ない引渡し後の感想を持つ人もいる。

だからこそ、自分たちが選ぶ時には、何が比較する上での必要な情報なのか?

高断熱とは?

では改めて高断熱という言葉は何を意味するのか?

気密が高くなると何がメリットになるのか?

暮らしに役立つ商品として選択する価値があるのか?

使用する断熱材などが違うとか、空気の換気システムや空調管理が違うという文字は見ているが良くわかっていない。

このような人も多いので、まずは安い家で高気密の基準を満たすという意味からご紹介していきます。

そもそも高断熱というのは対象となるのは、内装の部材です。

壁材

天井

床材

こうした部分が夏の日差しや冬の冷たい外気に対して、熱の伝わりを抑える

よって、高断熱住宅という意味を持つ。

高気密とは?

気密というのは、簡単な言い方をすると、隙間風や室内から熱が逃げてしまうのを防ぐという環境をつくりだすことが出来ているのか?という意味。

価格が高いことにただ利益とかCMやチラシが多いからという目線ではなく、質の高い家を買うための情報としてご覧ください。





ローコスト住宅高気密高断熱ポイント

ローコスト住宅高気密高断熱注意点




ローコスト住宅のメーカーや工務店の中には、表示的にはローコスト住宅で坪単価も安いと言いながら、実際の性能を求める人向けに価格の高いプランを用意していることもあります。

ローコスト住宅の機密性能表示に注意

まずチラシなどで地方の広告をポスティングしているような会社を見つけたら、以下のような内容をサイトでチェックしておくことが大切。

  • グレードやランクなど商品が分かれていないか?
  • 仕様とオプションを明確に表記しているか?
  • 建物に何か必要なものが含まれていない対象はないか?

具体的には以下のような事例が私の済む地元でもよくあります。

  • 水道の配管や電気配線工事などはすべて別途費用。
  • 1ランクではなく、3ランクに分かれていて外壁や内装の設備などもすべて仕様が異なる。
  • 電気は照明1つからすべて別途費用。
  • 高性能を求めるなら、最高ランクの建物を購入した方が少しでも長持ちする家だと思った方が良いという提案をする会社。

このように、一見すると安い会社に見えてしまっても、実際にはハウスメーカーなどと大差がなかった。

こんな現実があるのもローコスト住宅という安く買いたい人達の思いをどこかで踏みにじっているように感じる部分です。

 

高気密を目指す家づくりに多い誤解

ローコスト住宅と高気密高断熱の誤解

高気密を目指す家づくりというと、ついついコンクリートや鉄骨などの住宅の方が気密が高いのでは?と思う人も多い。

しかし、これは大きな誤解です。

高気密を木造と鉄骨で比較

そもそも木とコンクリートや鉄はどちらが気密が高い家を作りやすいのか?

この答えは、単純に鉄を冷やすことや温めることを考えていただければわかりやすい。

鉄は外からの熱を受けて熱くなる性質を持つ。

その後の流れは冷えにくいですよね?

これが夏になったら?

エアコンを中で使用していてもやはり、外の熱と物質の持つ熱の問題から冷えにくくなる。

このようになった状況では、室内の温度は当然上がりやすくなる。

逆に冷えた冬は?

夜間の冷たい風にさらされた状況に鉄が少なからず冷気を生み出しやすい環境がある。

冷めきった鉄をエアコンと断熱材で温める?

この流れでもやはり鉄そのものが冷たいことにより、内と外の熱量の差が大きくなりやすく、気密は崩れやすくなる。

このように、内と外の熱量の違いを鉄の方が影響を受けやすいことから、高気密という住宅を考えた時には、ローコスト住宅でも使われている木造の方が実現しやすいのです。

 

ローコスト住宅高気密高断熱と会社選び

ローコスト住宅高気密高断熱会社選び

私は低価格帯の建売提供の会社の方と仕事の打ち合わせを特に多くしていた経験がある。

仕事の中での打ち合わせなので当然断熱材などの選び方の仕事の中のニーズや価格影響が出やすい内容も十分に把握している。

安い家高気密高断熱比較ポイント

特に、一般の私たちの暮らしに直結している中で内装の中でも比較されやすい窓。

この種類だけでもかなり違いが多い。

実際に公開されている情報の中でも以下のような決定的な違いがある。

  • 標準の規格仕様は、ペアガラスではなく、シングルガラスというメーカー。
  • 1階と2階の窓ガラスのグレードが最初は違うというハウスメーカーもある実態。
  • すべての窓をペアガラス又はトリプルガラスを採用するのが標準である会社。

このように、大きく会社により中身の仕様変更をお願いする必要がある対象が異なるのも現実です。

外観として見える商品としては、決してどの会社を比較してもあまり大きく差がないと見える部分も増えた。

しかし、工法の違いだけでなく、省エネという基準を満たす軸への対応はまだまだ車と一緒でいろいろオプションありきの状況になっていることも多いのです。

安い家高気密高断熱会社の調べ方

ですから、こうした内容を含めてまずは、直接自分で会社のモデルハウスなどを尋ねるというのはあまり好ましい流れではないのです。

なぜか?

単純にモデルハウスなどの見学をする時には、もうすでに営業がエアコンをトップの状態にいれて快適な環境を作り上げてからお出迎えしている状態。

家の生活をしている時とはまるで違うのです。

もっと違う意味で知らなければいけないことがある。

それが、測定されているさまざまな数値です。

気密性を表す数値には、C値、Q値という値があります。

省エネの基準は、日本国内は海外と比較してもかなり遅れているという時代背景があるのもこの数値の基準があまりにも低いことが原因の1つとされています。

気密性に必要な数値の基準は、北海道と本州でも異なります。

このような地域の気候や気温に合わせた快適な生活を送るための基準をまずは正確に知ることが最初の1歩。

その情報をどのように集めるべきか?

この答えは、本当なら、まずは会社ではなく、第三者の意見を聞くということが非常に大切。

一都三県の方は、安い家新築無料相談東京都内オススメ会社|住宅企業出身者が解説にてご紹介しています。

その他のエリアの方は、この数字を記載しているのかを含めて資料請求から比較するという方法もあります。

ローコスト住宅高気密高断熱会社無料資料請求