安い家を買った後の後悔は何だ?

冬は寒い。

賃貸暮らしでも決して暖かい環境とは言えなかった。

でもまさか安く買った家が冬寒いなんてことはないだろう!

家を建てる新築注文住宅の市場では、よく会社は、こんな言葉を使っている。

高断熱。

高気密。

住宅の性能。

仕様。

注文住宅を購入するとなれば、やはり何より自分たちの暮らしが今よりも快適になるのか?

一条工務店、タマホーム、スウェーデンハウス、積水ハウス。

大手となるようなハウスメーカーもあれば、地元の人が利用する昔ながらの生活になじみのある工務店まで家もさまざま。

この答えを求める家庭が多い。

そのためにわざわざ新築を購入して住宅ローンとして家のためにお金を使っている。

しかし、実際には何かが違った!

安い家を買ったことがそもそもの原因だったのかもしれない。

このように考えてしまう前にまずは色々な情報がありますが、ローコスト住宅を買った後に寒いと思うような家に住まない為の選び方をご紹介していきます。

これまでにモローコスト住宅については以下のような内容を書いてきました。

ローコスト住宅維持費は高いの安いの?

ローコスト住宅内装のランクは低い?会社選びの注意点を業界経験者が解説

ローコスト住宅仕様ランクの低さに驚き|2018相談体験記

安い家のデメリットはあるのか?探し方注意点を現場経験者が解説

ローコスト住宅高気密高断熱注意点

高気密高断熱のローコスト住宅関東会社比較注意点

当サイトは、ローコスト住宅購入後の失敗後悔を防ぐための情報配信を中心にご紹介しています。

私は元住宅設備などの関連企業に勤めローコスト住宅の関連企業にも打ち合わせをしており、内情をよく把握していました。

自らも新築マンションと一戸建てを共に購入経験があります。

だからこそ、ハウスメーカーとか工務店という名前にばかりとらわれない選び方で大切なポイントをご紹介していきたいと思います。

今回の記事では、ローコスト住宅が寒いという結果になってしまうリスクを回避するために確認しておくべきポイントを以下の項目でご紹介していきます。

ローコスト住宅寒い家の特徴

ローコスト住宅寒い家回避策

ローコスト住宅新築住宅情報

購入する前に断熱材や施工的なな用語を知ってもやはり相手はプロ。

何か質問しても建築の中の内容となると、向こうの説明で一枚上手な言葉が出てくる可能性もあります。

しかし、数字の上で確認したりすることが出来れば、より失敗の確率を下げる可能性がある。

こうした視点でご覧ください。

ローコスト住宅寒い家の特徴

ローコスト住宅寒い

高気密とか高断熱という言葉をブログで使う人も多い時代になった。

新築注文住宅だけでなく、土地から購入する必要のない建売やモデルハウスの販売など会社もいろいろな方法で打ち出してくる。

夏は外より涼しい。

冬は外より暖かい。

このような家を間取りなどの問題よりも気にしているご家庭も増えてきた。

では何を見れば、その失敗的な要因を先に見抜くことが出来るのか?

注目すべきポイントをご紹介していきます。

寒い家の特徴は窓

家を快適にするために必要な対処は何か?

その答えとして考えるなら、住宅市場の関係者なら、たいていはサッシと答える。

そう言えるくらい暑い寒いの違いが出てくる。

家の窓にはさまざまなサイズや機能、性能が備わってきている。

今の時代で実現できている窓の商品で私が把握している最も暑い窓ガラスは、市場では5層ガラスがある。

最近はハウスメーカーでもLow-eなどの複層ガラスが標準が増えた。

しかし、そもそもLow-Eガラスなら暑くないし寒くないのかは多くの人は知らない。

言葉をユーザーは知らないからこそ快適に過ごせるはずの用語として伝えている。

一方でもうすでに日中35度以上や40度以上の猛暑という言葉が本当に現実になってきている。

仕事で室内のエアコンは快適な温度を保つような状況を整えている。

こうなるとどこでもエアコン1つで快適に過ごせると思う人も多い。

しかし、結構窓だけで違いがあることを賃貸住宅の事情からも分かることがある。

賃貸や今の住まいの全窓を確認

賃貸物件の中には、リフォームやリノベーションなどのてこ入れを行っている物件もある時代。

どうすれば、省エネ化できるのか?

光熱費を抑える家を作りたい。

このように考える時本当に身近にある対象の影響は結構大きい。

実際に今住んでいる家の窓を確認してみよう。

以下の種類の中で該当するのはどれかにたどり着く。

シングルガラス。

ペアガラス(別名:Low-E,ペアガラス)

トリプルサッシ

このように、最近の家では、窓を変えることでかなり厚い寒いの問題を解消できるという得を知った人からの相談も多いのが現実。

キッチンやトイレ、脱衣所などの家事に必要な環境にも窓がある家が増えている。

このような状況の中で、窓の種類をまずは確認する。

これだけでも工務店とかハウスメーカーという言葉の分類ではなく、標準設備の違いからある程度想定を増やす事が可能になってくる。

 

ローコスト住宅寒い家回避策

ローコスト住宅寒い対策

安い家の新築注文住宅や建売の一戸建てを購入した冬も快適に過ごす為の考え方をご紹介していきます。

ローコスト住宅寒い家回避術1.物件比較

家の野中の温度の快適性を保つ上での重要な要素は窓。

その先で、何をどう確認していくのが購入後の失敗後悔の対策につながるのか?

この答えは、構造の特徴を見つける事。

最近は、天井高を高くしたり、吹き抜け工事に予算を足す人も多い。

しかし、一方で新築なのに結露を経験するということも購入後の人が紹介しているブログも見かけるケースは増えている。

このような流れの中でまずは、あなたが各会社に相談する前に家の型や特徴を見ておく事が大切。

以下のような点をチェックしてほしいと思います。

  • 窓の大きさは縦長、横長?
  • 両開き?上げ下げ?
  • 窓のサイズは大きい?小さい?
  • 窓は床に近い部分?天井に近い高さ?
  • 窓の数は多い?少ない?

このような各部屋の内装よりも外観で同じような坪数の間取りを見ながら確認すると分かりやすい。

専門的な知識がなくても簡単に一番目で見て比較できる大きなポイントとなる部分。

ぜひ注意して検索サイトの中身をチェックしてみてください。

ローコスト住宅寒い家回避術2.実際の家

これから自分の家として住んでいく建物はどうなるのか?

寒さが気になる家族の事を考えると、やはりかなり心配が高まる部分でもある。

この時、各メーカーのモデルハウスや見学会などの会場に行ったらまず確認するのは、エアコンの数と規格。

以下のような項目をチェック。

  • 建物が建てられたのは何年前?(経年の劣化確認要素)
  • 設置されているエアコンのサイズは?(何KWが設置されている?)
  • 設置されているエアコンの数は?【常時稼働しているのは実際何個?)
  • 設置されているエアコンは家庭用?【ビルにあるタイプと違うことを確認】

エアコンは大手のメーカーの最新機種なのか?

こうした事を言えば、設計や基礎以前に簡単に答えが出る部分も有る。

それだけエアコン使っていたら快適な温度になるのは当たり前だ。

このように考えられる家にこれからの自分たちの夢を実現するのはなかなか厳しいと思う。

まずは工法などを見る前に安いからとか高い家だからということではなく、窓を比較して徹底的に外と中の違いやエアコンの規模を確認しましょう。

ローコスト住宅寒い家回避術3.規格確認

展示場などのモデルルームの設備はいろいろオプションが多い施工をしている会社もあります。

実際に良いと感じてもらうための工夫。

もちろん、何ができるのか?という視点では楽しめる部分もある。

しかし、自分の土地の坪の大きさに合う建築物を見ていく中で、やはり比較するなら、標準工事とオプションの違い。

いくら良いモノを見せられてもすべてがオプションでは、お金はどんどん高くなっていく可能性が高まる。

これでは何がどこまで標準で自分たちの購入可能な家なのかが分からない。

安く見せて契約後はオプションラッシュ。

こんなローコスト住宅に見せかけた会社もあることも要注意。

まずは家の仕様確認を欠かさないことも低価格を実現するためには非常に大切な比較ポイントになります。

 

ローコスト住宅新築住宅情報

まずは自分たちの夢の実現に向けた予算や価格を重視することが非常に大切。

無理をしない。

住宅ローン返済額は年収の25%以内にいろいろな費用の合計が収まるように計算する。

このような内容を前提として、会社を選ぶ事が大切。

そこで重要なのが土地の問題。

ローコスト住宅購入を安く済ませるコツ

家を建てる時には最も差が出るのは建物の価格ではありません。

土地の価格や諸経費などの費用が意外と後でいろいろな予算を圧迫する理由になりやすい項目。

当然家を建てることを考える人にとっては建てる土地の選び方も大切になります。

何にお金を使うことが有効なのか?

この考え方を大切にしていただくと、会社や色々な情報を前にしてもしっかり予算の範囲の物件を見つけることが出来ると思います。

実際に私は、家づくりが好きで、いろいろな新しい会社の資料請求をこのサイトを何回か利用しています。

ローコスト住宅会社資料請求サイト