家を買おう!

不動産は負債でしかないとか買うのがバカだなんて言葉まで飛び出している住宅市場。

でも家を買う人もいる。

物件情報サイトを見ながら自分たちが今これからどこの地域で住まいを構えるのかを選びたい人も多い。

その背景にはいろいろなニーズがあると思う。

マンションを欲しいと考える人。

一戸建てを建てたいと考えてる人。

中古住宅を欲しいと思う人。

新築が欲しい人。

日本全国(北海道,東北,関東,甲信越,北陸,東海,関西,中国・四国,九州,沖縄)どこに住んでいる人もいずれは自分の今住んでる地域を離れることを計画している人もいるはず。

転勤族や将来は今の都市部の駅から遠いもっとゆったりと落ち着いた場所でのんびり仕事を忘れて過ごせる場所を求める人もいる。

年齢を重ねていくと、徐々に住まいをどこに構えたいかのニーズが確実に変わってくる。

住まいの価格も地域により大きく違う。

日本の中で住んでいるいれば、別に住まいを購入しなくても賃貸という選択もある。

こうした中で、少しでも資産として自分たちが老後を考えても生活の利便性を考えても不便を感じない場所を選ぶために考えておくべき内容がある。

このサイトは、ローコスト住宅の選び方を中心に安い家を探す時の注意点を私の住宅購入経験や住宅関連企業勤務経験を活かし運営しています。

実際に私はハウスメーカー注文住宅を一戸とマンションを一戸所有しています。

駅から近い利便性の価値やスーパーや学校、医療機関が近い事のメリット。

駅から何分が市場価値として将来的にも今の価格以上になる可能性があること。

このような内容を1つ1つ自分の分析からも適格に見抜いて買ってきたと思っている。

都市部の生活に慣れて、駅が多少離れても生活的には注目されているエリアは郊外には多数ある。

郊外の街でも価値が出やすい内容には条件がある。

エリアごとの人気ランキングに入るのはなぜだ?

このような視点にも注目していくことが大切。

今回は、家買うならどこがいい?という悩みについて、都市部の生活を送るご家族の為に考え方を以下の項目でご紹介していきます。

家を買うならどこがいい?郊外の人気

家を買うならどこがいい?資産の価値

家を買うならどこがいい?自分の将来

自分たちが年齢を重ねていく中で、スローライフを手にいれる為に知っておくべきことがある。

安いからと飛びついてしまうことだけは絶対に避けなければいけない。

住む家を持つことは住宅ローン返済だけではなく、リスクを背負う部分も必ず出てくる。

やはり自分たちが選ぶ基準を明確化することが大切。

少しでも自分の家を手にいれる前に知っておくこととしてこの記事からどこか違う意識を持って今後の多くの情報を比較してみてください。

家を買うならどこがいい?郊外の人気

家買うならどこがいい

もちろん都心のトップ10に入るような一等地を購入出来る資産をお持ちの方は、仕事の職場からの距離も考えて、できるだけその人気のエリアをそのまま購入しても良いかもしれない。

しかし、その後の生活では、必ず固定資産税などの維持管理費が必要になってくる。

このような内容を含めても手に入れられる人ばかりではない。

あくまで会社からは少し離れて通勤に1時間以上が必要になったとしても、その点は早起きをして努力をして補える。

同じ価格なら、少しでも広い家で維持費のお金も安く抑える住宅を購入したい。

このように考えている人の為に住んでいく上で、重要な第一優先順位をご紹介していきたいと思います。

家を買う時の郊外の人気エリア注目ポイント

暮らしに便利だと思う場所を手にいれる為には家の建つ場所を考えていく時に以下のような情報を集めていくことが非常に大切になります。

市区町村における都市計画

マンション建設予定地

ショッピングモール建設計画

小学校、中学校の現生徒数と減少傾向

住まい給付金や地方交付の補助金制度

子ども手当や医療費無償化対象年齢の比較

とにかく家を買い、その家に住む暮らしを考えていく上では、何にお金がかかるのか?

この問題が非常に重要になっていく。

家を買う時の郊外と中心街比較

これから子育てをしていく世代が家を買い、自分たちが老後も住んでいく場所を選ぶ。

東京都の中でも23区内と市どちらを選ぶのかも大きく異なる。

この違いは結局は、都心に住む人は職住という職場の為の家探しと言える。

子育ての環境を優先した考え方なら育住というキーワードが重要になっていく。

この2つは探す時の基準が全く違う。

目を向けるべき内容が別なのです。

通勤の内容なら、駅からの最寄りや路線が増える場所などを起点としていく必要がある。

育住なら、周辺の場所に、託児所や幼稚園、保育園、地域の行う自治体の活動地。

このような場所に注目をしていく必要がある。

全く違う感じの状況が理想として成り立つ必須環境になっていく。

 

家を買うならどこがいい?資産の価値

家買うならどこがいい|エリアの探し方

もう少しお金を出せば教育の環境も備わったエリアなのに!

でも貯金をしている余裕も住宅ローンを組めるタイミングももう限界が近い。

こんな人の選択肢に焦る気持ちを持つケースもあるはず。

考える時間が多い人もいれば、それぞれの環境によっては、建てるべきか中古を選ぶべきかと悩む人もいる。

この場合は、あくまで資産価値をどう見極めるのかが本当に重要になってくる。

家を買うならどこがいい?と売却の査定

家を買おうと思ったら、銀行から借り入れを行う。

多くの人が考えている選択肢の中に住宅ローンというものが存在する。

マイホームを手にいれて、その後の仕事の変化や年収の低下や色々な事情もあるかもしれない。

そんな時に、もし売却をするようなことになったら?

この答えまで考えていますか?

あなたがもし老後に使うまでの事を考えていても本当にそのエリアに小学校などが近いことのメリットをずっと感じられますか?

このように、年齢を重ねていくと家をどう使うのか?という考え方も比較するポイントも人により変わってくる。

売却査定の場合に最も得をするのは、土地の査定額がつきやすいエリアに住む人達。

不動産会社は、市場の中でも必ずチェックするのが、利便性について。

その基準には以下のような内容があります。

  • 駅からの距離。
  • 公共機関の利用者数
  • 生活に必要な周辺環境整備
  • 住まいの劣化度合い
  • マンションか一戸建てか
  • その地域の今の需要とどの程度マッチしているか?(価格や広さ(坪数)や間取り)
  • 物件情報サイトに掲載していてもアクセスが多いエリアなのか?

このように実際の地域の需要や人気度により価格が上下していくのです。

実際に私は2018年に査定に出した際に、マンションは築8年経過していても、新築で購入した価格よりも90万円ほど高い査定が出ました。

この理由は、完全に必要な情報を集めた状況で住まいよりも賃貸化にも適したエリアだと思って買ったことも含めて大成功だったと思っています。

今の家も将来は同じ場所を拡張して、さらに今の倍の住宅を建設予定になっています。

このように、今の時代の流れを問わず、住まいとして、賃貸と同じような価格を出しながらもそれ以上の住まいを手にいれることは決して難しい話ではない。

 

家を買うならどこがいい?自分の将来

家買うならどこがいい|資産価値

50代60代になって夫婦二人暮らしのために平屋かマンションの一階層の住宅を検討しているご夫婦もいらっしゃると思います。

この場合は、どこに住むのかを考えていく上では、選ぶ時の理由が子育て世代とはまた違ってくる。

家を買うならどこがいい?健康管理

今は元気。

でもいずれは近くに内科や循環器科、皮膚科や泌尿器科、耳鼻科などかかりつけの医院やクリニックなどの医師のいる場所が欲しくなる。

このような時には、自分たちが住む住宅は、もう一つ考えておくべきことがあります。

ゲリラ豪雨などによる浸水被害などの対策を考慮した土地の海抜の高さ。

津波や増水、河川の氾濫などの問題を日本のどこに住んでいても警戒が必要になった現代社会。

決して他人ごとではなくなった。

このような時、自分たちが老後も安心して住める環境なら、やはり高い場所が理想だと私は思う。

結局は、将来は介護付き老人ホームなどに住む場合も、高い階層に住んだ方が結局は浸水などの被害を最小化できる。

ある意味、高い場所を目指す買い物をした方が得な場合もあるのです。

一戸建ての生活は、自由が利き、車を利用して仕事やプライベートの異動をする若い人たち向きな部分もある。

土地があっても建物が老朽化した時にメンテナンスなどの費用を捻出することを考えるなら、都市部の1階でも高い場所を購入した方が査定がつく可能性がある。

このような将来の設計も大切になるのです。

家を買うならどこがいいかを決める方法

家を買うのは、一生の問題。

子供たちに将来相続をしてもらうかどうかも含めていろいろな計画が必要になる。

この時、まずは何を知るべきなのか?

私はこの答えを年齢の世代別にご紹介していきたい。

まずは子育て世代の場合。

その対象は、あくまで資産価値の安定化を最優先とすることが重要。

コチラのサイトは、あくまで中古マンションも新築マンションも扱っています。

都市部と郊外のまずはマンションの平均相場を知ることが出来ると、一戸建ての固定資産税の合計額を知るのとほぼ近い金額が簡単にわかってきます。

マンションには駐車場や駐輪場、管理費、修繕積立費などが必要になる。

この部分を一戸建ては、広さに上乗せされているような感覚で物件を探すと近い感覚になります。

固定資産税は多少一戸建ての方が安くなるのが早い傾向もあります。

同じ価格で何を変えるのか?

この考え方をまずはどのエリアが自分たちの予算の相場的に正しいのか?

こうした内容を知っておくことが大切なのです。

60代に近い夫婦二人はどうするべきか?

家を建てることを意識しているなら、まずは木造一戸建ての会社を紹介してもらいながら、間取りを見てみるのも大切。

間取り作成、資金計画ならおまかせ!【間取り作成一括依頼】

一戸建て建てる計画ならこの価格を見ながら、近所付き合いをできるだけ減らせる環境を探すのも方法です。

人付き合いを苦手にしないし、先ほどご紹介したような災害対策を考えたマンションを検討しているなら、子育て世代向けのサイトを活用してみてください。

それぞれの世代ごとにまずは知る事が大切。

私は家を買うことに10年以上の時間を費やし情報を集め、精査して今はもう20年を経過させながら住宅を勉強しています。

今後も安いという価値はいったい何を意味するのか?をご紹介していきたいと思います。